介護サービスの種類

03-6231-8677
03-6231-8677
> 介護保険Q&A (どの介護サービスを始めたらいいの?)

介護保険Q&A

どの介護サービスを始めたらいいの?

介護保険サービスの中でも比較的人員基準・設備基準を満たし易いサービスと言えるのが、「訪問介護事業」、「居宅介護支援事業」、「通所介護事業」、「福祉用具貸与(特定福祉用具販売)事業」の4つです。
各サービスの大まかな特徴及び基準を満たすための要件の難易度は、以下のようになっています。


① 訪問介護事業
資格要件を満たすのが比較的容易で、設備も特別なものが必要ないという、新規開業する方に
とっては最も始めやすいサービス
です。
初めから多岐にわたって事業を行うと、ほぼ確実に人材や資金が頭打ちになってしまいますので、
まずはこちらの指定を受け、運営が円滑になってきたら居宅介護支援事業や通所介護事業等に
参入を行い、事業規模を拡大するというのが介護事業の一般的なパターンとなっています。
② 居宅介護支援事業
一人から、自宅でも開業することができますので、 最も低コストで開業・運営ができることができる
サービス
であると言えます。
また、すべての介護保険サービスの窓口となりますので、需要があるだけでなく、他の介護事業と
併設すれば更なる業務の拡大につなげることができます。
しかし、資格要件として、取得困難な介護支援専門員(ケアマネ)の資格が必要となりますので、
資格取得及び介護支援専門員となる人員の確保が大きなポイントとなります。
③ 通所介護事業
設備やレクリエーション等によって他の事業所との差別化を図れるため、事業所の個性を出しやすい
サービス
であると言えます。
更に、資格要件が比較的満たし易いこと、需要が訪問介護と並んで高いことも大きなメリットとして
挙げられます。
しかし、利用者が通所してサービスを受けるため、多くの部屋・備品が設備要件として必要となります。
必然的に、ある程度の初期投資を余儀なくされるので、設立・運営資金に余裕のある方向けのサービスです。
④ 福祉用具貸与(特定福祉用具販売)事業
資格要件を最も満たし易いのがこのサービスです。利用者も年々増加してきており、
これからの成長が期待されています。
しかし、貸与若しくは販売に供する福祉用具、貸与にあってはその消毒・保管のための設備を準備
しなければならないため、ある程度の初期投資が必要となります。
通所介護と同様に、設立・運営資金に余裕のある方におすすめのサービスです。

上記を参考に、現状で持っている資格や確保できる人員、用意できる施設・設備・資金等を基にして
十分に検討を行い、開業するサービスを決定していただければと思います。

各サービスの指定を受けるための詳細な要件は、下記をご参照下さい。

訪問介護はこちら 居宅介護支援はこちら 通所介護はこちら
介護タクシーはこちら 福祉用具はこちら 障害福祉はこちら

手続きのお申込みとご相談

お申込み・ご相談をご希望の方は、下記よりお進み下さい。

お申込み まずは無料相談
電話・FAXでのご相談はこちら!
無料面談お申込み
出張面談お申込み
指定日カレンダー

本日【
のお申し込みで

申請受理の目安は

事業開始予定日の目安は

カレンダー

事務局のご案内
当事務局の実績
Topics